世界を動かした『暗号』ランキんぐwwww

生活/雑学系2chスレ 1


世界を動かした暗号ランキグン

1: 2017/12/05(火)17:51:10

第7位
カエサルの暗号

ローマの英雄ユリウス・カエサルが多用した暗号。アルファベットを別のアルファベットに置き換える手法だが、受取側が復号し易い事が利点である。

A B C D E F…
    ↓
X Y Z A B C…

というように、アルファベットの並びを何文字分かずらしただけであるため、受取側は何文字ずらすという情報を知っていれば暗号表を使わずに読めるため、敵に情報がわたりにくい暗号であった。ただし単純なため、並びを全て試せば解読可能な難点を持つ。

5: 2017/12/05(火)17:53:32

>>1
ワイもこれ使ってパスワードとか設定しとるわ

2: 2017/12/05(火)17:51:57

第6位
換字式暗号

ようはカエサルの暗号の事であるが、使い方としてはアルファベットを単純に並べるわけではなく並び順をバラバラにして暗号表として渡して置く事が普通であった。

A B C D E F…
    ↓
F M Q A L Z…

暗号表を使わなければ読み取れないが、逆に言えば敵は総当りという手段が取れずに解読は非常に困難である。

なにしろアルファベットの組み合わせだけで10の27乗通りを超えるため、安全性は非常に高い。ただし暗号表が敵の手に渡った場合は簡単に情報が漏れてしまう欠点が致命的であった。

3: 2017/12/05(火)17:52:53

ほー

4: 2017/12/05(火)17:52:56

第5位
キーフレーズ式

暗号表を持ち歩くにはリスクがあるが、カエサルの暗号では安全性が低い。
そこで考えられたのがキーフレーズ式である。

これはあるフレーズ、例えば「JUPITER」等をアルファベットの並びの先頭につけた換字式暗号でまず頭にJUPITER、続けて残りのアルファベット、この場合はRの次のSからSTVW…を並べて変換する。

A B C D E F G H I J…
       ↓
J U P I T E R S T V…

キーフレーズが長ければその言葉一つを記憶するだけでランダム性の高い暗号を生成する事ができるためローリスクで解読され難い暗号として使われた。

しかしアラブの天才達から始まった暗号解読手法の発展により、換字式の手法は次々と破られていきスコットランド女王メアリが反乱者と内通してた手紙の解読等、歴史を揺るがす事件が次々と発生した。

6: 2017/12/05(火)17:53:47

大正義エニグマも破られるので現代の電子的な暗号はひたすら情報を膨大にするという手段てマ?

8: 2017/12/05(火)17:54:31

>>6
それも出すで

7: 2017/12/05(火)17:54:11

第4位
数字変換式

別のアルファベットに置き換える手法は解読されるようになり、作成者達は数字に変換する方法を考えだした。シンプルなやり方としてはある文書の単語ごとに数字を振り、その単語の頭文字に対応する数字へ変換する方法である。

1We 2Always 3Have 4A 5Toilet 6Accident…
A     H T W…
     ↓
2or4or6 3 5 1…

長い文章を使えば3桁や4桁の数字を使った暗号を作成できるうえに、元になった文書がわからなければまず解読は不可能なため近代になるまで使われた方式である。

これを使い財宝の在り処を隠した「ビール文書」が有名であり、作成された三文書のうち一つはアメリカ独立宣言を使用して解読されたが残りの二つは現在に至るまで解読されていない。

9: 2017/12/05(火)17:55:11

意味わからなくなってきたな

11: 2017/12/05(火)17:55:24

第3位
エニグマ暗号

20世紀にドイツで開発された暗号機械で、タイプライター式で容易に作成・解読ができるのでドイツ軍の主力として重用された。

回転するローターを使用した回路で、複数のローターやプラグを組み合わせることにより無限大の組み合わせを作り出しさらには同じ文字を連続して入力しても違った文字が出力されるという解読者には非常に予測が難しい優れた方式である。

しかしこれだけの暗号であっても、イギリスの天才数学者アラン・チューリングを中心とした解読チームにより第二次世界大戦時には解読されてしまった。

この解読成功を秘匿したため、連合軍は敵の情報を握り続ける有利な状況で戦いを進める事となった。

12: 2017/12/05(火)17:56:01

第2位
量子暗号

一般的には量子鍵配送という方式をこの名前で呼ぶ事が多い。量子力学を応用し、送信者と受信者がランダムな同じ鍵を持つ事で情報を暗号化・復号化する。

量子力学の原理により、盗聴された場合それを探知できるという画期的なシステムを備えており、更にはどんな暗号化アルゴリズムにも使用できデータの送信は一般の回線でも可能という利点がある。

現在各所で実際に使われ始めており、銀行への入金データや衛星との交信等の実用化が進められている。

13: 2017/12/05(火)17:57:20

第4位
くめしふねけもげそろてさに――。

えうずかふねけのへよぞいみうけうたわでしびねさ がうそぃのそけしいたわよふよえわ
てぬきべすふがうそぃへ ちうぬかふまゐーだいるつかびこわるかのそに
おなよふすぽぴでぬせょけさせちわすぬび けおぶさぞておいくすねをねおるかそやしにおわ
まわさへえうずかびへねさ がうそぃらよぞいけさたむかむかげぬれゐにおて
るさえわゐおげえがろでそびえろ すでおびへぴわそゎざうふそうすかいごろそゎのなてきて
たぺわてくかふがうそぃげりかゆおびえわ
むけのよ がうそぃいめわゆにふもすうでろ けもいつょてえてめのよぞいむろ
けもげへきつゑかふいめょにくさろでたぬおょてるかねむかむかげぬれゐにおて
めて えうずかふねけの ぷにぬとょぱた58まさゑ(4まさゑ23きう、しお5583きう)
ねぶふおもふねおすぬべいおゐに けおぶさそゎいすうれうせちわむかむかよくくさなけをゐわ

14: 2017/12/05(火)17:57:44

>>13
見える見える…

16: 2017/12/05(火)17:58:06

4位になってて草

17: 2017/12/05(火)17:58:26

>>16
鍵やぞ

19: 2017/12/05(火)17:58:32

第4位って書かれてるからわかると思うが、3文字ずらしのシーザー暗号やで

20: 2017/12/05(火)17:59:00

あ、ここではカエサルの暗号やな

21: 2017/12/05(火)17:59:02

いきなり書かれるとほんと分からんな

22: 2017/12/05(火)17:59:21

これアプリで変換してるの?

24: 2017/12/05(火)18:00:11

>>22
自分でやるの面倒だったんでそうやで

某コピペと見比べてくれると嬉しい

23: 2017/12/05(火)17:59:49

4位の説明理解できてないんだよなあ

26: 2017/12/05(火)18:00:28

第1位
おまけのなかみげしりたくて――。

あんずうのなかにはもぞをへんかんするでけびなく がんしぃにしかけをするものもある
たとえべこのがんしぃは せんとうのふゐーだをよそうびきるようにして
いつものこぽぴでとさょかくさせることび かいぶくぞたいをおこなれないようしむけている
ふるくはあんずうびはなく がんしぃやもぞをかくすほうほうげとらゐていた
よくあるゐいげあがりでしびあり こでいびはぴるしゎざんのしんこうをごりしゎにつたえた
すぺるたおうのがんしぃげゆうめいびある
ほかにも がんしぃをまるめてのみこんでり かみをそょたあたまにもぞをほり
かみげはえそゑうのをまょておくりですといょたようなほうほうげとらゐていた
また あんずうのなかに ぷてとちょぱす25ふくゑ(1ふくゑ90えん、けい2250えん)
なぶのいみのないことべをいゐて かいぶくしゎをこんらんさせるほうほうもおおくつかれゐる

30: 2017/12/05(火)18:01:23

>>26
使った法則が違うかもな
日本語のカエサル暗号って規定されとらんし

28: 2017/12/05(火)18:01:01

3位から2位の間にある近代暗号が全部スルーかよ

34: 2017/12/05(火)18:04:46

>>28
めっちゃ難しいのばっかりで説明できんわ エニグマも量子暗号もわからんけど

38: 2017/12/05(火)18:15:11

日本軍の官僚文書
暗号の解読ができて元文の日本語が判ってもそれをさらに英文に直す際に障害が発生した

日本式官僚の独特言い回しが何が言いたいのか良く判らなかったそうだ
現代でも同じ

40: 2017/12/05(火)18:17:27

ホームズの踊る人形的なのは実際使われたん?

41: 2017/12/05(火)18:23:42

>>40
スコットランド女王メアリがイングランド王室転覆を狙う連中とやり取りしてた文書に使われとる、ノーメンクラターってヤツが近いかな

43: 2017/12/05(火)18:25:46

>>41
へぇホンマに似たようなのがあったんか

45: 2017/12/05(火)18:27:29

>>43
ノーメンクラターはちょっと複雑で、文字だけでなく単語にも絵を当てはめたんや さらに意味の無い絵まで入れて解読を困難にしとる

まあ解読されんたんやが

42: 2017/12/05(火)18:24:44

どこでそんなんしるんや

44: 2017/12/05(火)18:25:57

>>42
サイモン・シンの「暗号解読」って本や

53: 2017/12/06(水)19:27:48

俺は画像検索で拾ったこの暗号表を使ってた時期があった

35: 2017/12/05(火)18:04:54

暗号はほんまロマンある

39: 2017/12/05(火)18:15:55

オチまで読めてたけど暗号で来るとは予想外やったわ

いまだ解明されていない暗号文が記された10の品々

野口英世のクズ畜生エピソードで打線くんだwwwwww
引用元 野口 英世(のぐち ひでよ、1876年(明治9年)11月9日 - 1928年(昭和3年)5月21日) 日本の細菌学者...

人気サイトの新着更新記事

この2chスレまとめへの反応

  1. 名無しさん ID:af52f6d20

    『暗号解読』のまんまじゃん、って思っていたら最後に自分で明かしていた。
    ちなみに大戦中、アメリカが使用した最強の暗号は、文法が無茶苦茶複雑な先住民族に翻訳させるという超原始的なものだった。
    日本も対抗して(?)、薩摩弁で堂々と暗号を送りアメリカ軍を翻弄した。

    0

コメントおいてって(´・ω・`)

コメント入力欄のテキストを範囲選択後、またはテキストの最初と最後でそれぞれ「quote」ボタンをクリックすると引用として表示する事が出来ます。コメント欄の「※,米」にカーソルを乗せるとアンカー元のコメントが表示されます。スレへのレスには「>>」で安価してください。