自分より年下の不気味な母親について話したい

おもしろ/VIP系2chスレ 0


自分より年下の不気味な母親について話したい

1: 2014/07/29(火)23:38:24


「父さんの再婚相手な、大学生なんだよ」

父の口からそれを聞いたとき、思わず鼻で笑ってしまった。つまらない冗談だと思った。それが本当のことだと、私が知ったのは今から半年前だ。

夏には眠れない夜が、ふと訪れたりする。そして、そんな日は怖い話を聞いたり話したくなったりする。
 
今日がまさにそんな日だ。

怖い話が聞きたいって人は、よかったら私の話につきあってほしい。

以下、2chの反応

2: 2014/07/29(火)23:40:45

ほほう

3: 2014/07/29(火)23:42:54

実はさっきまで会社の後輩と飲んでたんだ。だから今でもすこし酔ってるけど、話すのに支障はないと思う。

後輩にも『母親』とそれに関係することを話をした。

「俺でよかったら、いくでも話聞きますよ」

気立てのいい後輩はそう言って、グラスをかかげた。

店員にすすめられたカクテルに口をつけたあと、私は私の年下の母親について、後輩に語った。

5: 2014/07/29(火)23:45:26

母親が年下って実際どんな気分なんだろな

6: 2014/07/29(火)23:47:51

私と彼女が出会った場所は喫茶店だった。もちろん、その場には父もいた。

「どうもはじめまして」

私の母親になる女が頭をさげる。明るい髪が肩からすべりおちて、甘ったるいにおいがした。その女の見てくれは、いかにも女子大生といった感じだった。

「先生から話は聞いてます。私はカホって言います」

先生……父のことだ。私の父は大学教授をしていた。

8: 2014/07/29(火)23:51:57

「見てのとおり、カホはお前より年下だ。だけどお前の母親になる女性だ。最初は戸惑うこともあるだろうが、大丈夫。すぐ慣れるさ」

私はなにも言えなかった。
カホという女が理解できなかった。

なぜこの女は、こんなろくでもない父親と結婚したいと思うのか。

このことに関しては、今でも知らない。
そして、一生知ることもないと思う。

11: 2014/07/29(火)23:55:15

親が年下とか想像できん

12: 2014/07/29(火)23:56:04

私の本当の母が死んだのは一年前。事故死だった。

母と父の関係は、はっきり言って最悪だった。ふたりが家にいるだけで空気は張りつめ、肌に突き刺さった 父と母が口をきくのは、口論のときだけ。

母の死が悲しかったのはまちがいない。

だけど安心もしていた。

住人がひとり欠けたことで、私の家は平穏になったのだから。

もっとも。私の家は新しい母親によって、ゆがんでいくことになる。

13: 2014/07/29(火)23:57:05

>>1は女か

16: 2014/07/30(水)00:00:55

パンツ脱いだ

15: 2014/07/30(水)00:00:02

そんなに年いってても性欲あるもんなん?

17: 2014/07/30(水)00:01:39


>>15やることはやってたみたい
洗濯機にふたりの下着がまとめて入ってたりしたし


喫茶店で会ってから一週間後には、カホは我が家に住むようになった。


「最近はユイちゃんの味の好みもわかってきたつもりだけど、どう?」

カホの質問に私は「うん」とだけ答えた。

カホがこの家で寝泊りするようになって一ヶ月。このわずかな期間に彼女は、私の好みを正確に把握していた。

私の予想とは裏腹に、彼女は良妻と言っていい働きをしていた。 家事はきちんとやるし、気配りも申し分ない。大学生活と主婦業をきちんと両立させていた。

「本当に? なんだか歯切れが悪いけど」

カホの言葉に私は首をふるだけで答えた。

18: 2014/07/30(水)00:03:13

>>1はいくつ?

23: 2014/07/30(水)00:06:52


>>18 今年で27

「お父さんもいっしょにご飯、食べればいいのにね」とカホが言った。

父は私たちと食事をしないことがよくあった。正直、私には父のことなんてどうでもよかった。

昔は仲のいい親子だったと思う。

だけど、気づくと私と父の関係はいびつなものになっていた。

「どうして?」と私が聞くと、カホはこう答えた。


「だって、私たちは家族でしょ?」

「家族?」

「ちがうの? 私、なにか変なこと言ったかな?」

無性に反論したくなったが、言葉は出てこなかった。

19: 2014/07/30(水)00:03:21

年上なんだからユイちゃんはないよな。

20: 2014/07/30(水)00:03:30

>>1が男だったらエロ方面一直線なのに!

24: 2014/07/30(水)00:09:16

ギスギスした家族はヤダな

25: 2014/07/30(水)00:10:55

「まだあの人とは結婚してないから、正確には家族ではないけど」

カホが私の顔を見る。なぜかゾクッとした。


「いずれは家族になる。あなたともね」

「……あなたは私よりも年下なんだよ? なにも思わないの?」

「ちょっと特殊かもね。でも、それになにか問題が?」


「想像してよ」そう言った私の声はふるえていた。


「母親が自分より年上の、娘のきもちを」

「奇妙に感じるかもね。でもそれも、ひとつの家族のかたちでしょ?」

「そんな簡単な言葉ですまさないで」

カホと同居するようになってから、はじめて私は本音を口にした。

26: 2014/07/30(水)00:11:03

女っていうのは最初だけは良妻なんだよなぁ…

28: 2014/07/30(水)00:16:02

「ずっと前から疑問だった。あんなおっさんと結婚しようなんて、本気で考えてんの?」

カホの表情がわずかにくもった。

「年齢だって三十は離れてるでしょ。どう考えたっておかしいじゃない」

なぜこんなに彼女に突っかかるのか。
自分でも不思議だった。
でも彼女と同じ空間にいてはいけない、本能がそう言っていた。

「だいたい。家族やまわりの人たちは、このこと知ってるの?」

「家族はいない」レミが目をふせた。

家族がいない。その一言で、私は次の言葉を見失ってしまった。

30: 2014/07/30(水)00:19:13

何かありそうだな

31: 2014/07/30(水)00:21:47


「このことは友達にも知り合いにも、誰にも話してない」

「あなたもおかしいって自覚はあるんでしょ?」

「……」

「だから誰にも言えない。私の言ってること、まちがってる?」

カホが押しだまる。

「そうね、ユイちゃんにはわからないだろうね」

「わかりたくもないね」

私は席を立った。
料理はまだ残っていたけど、食欲は完全に消え失せていた。

部屋を出る直前に背後で「おやすみ」と聞こえたが扉をしめてそれをさえぎった。

この日はさっさとベッドで寝て、最悪な夜を短くした。

29: 2014/07/30(水)00:18:39

カホなのかレミなのか、はっきりさせて!

32: 2014/07/30(水)00:22:29

レミはどこに行ったの?

33: 2014/07/30(水)00:23:14

>>32単なるミスって分かってレスしてるだろww

34: 2014/07/30(水)00:23:24

レミは間違いだろ

35: 2014/07/30(水)00:24:09

今から考えれば、まだこのときはよかった。

すくなくともカホは、私の中で非常識な女で終わっていたから。

その認識がまちがっていたと気づいたのは、次の日からだった。

36: 2014/07/30(水)00:30:23

次の日。
満足に眠れなかった私は、寝ぼけたまま一階へおりた。

リビングに入ろうとドアを開けたら、カホが扉の前にいた。思わず出そうになった声を、なんとか飲みこむ。

「おはよう」

私はカホを無視して、そのまま彼女を横切ろうとした。だけどカホに腕をつかまれて、とまらざるをえなかった。

「おはよう、ユイちゃん」

カホがにっこりと笑った。
昨日のことなど、まるでなかったように。

「おはよう」とさらにもう一度、彼女が言う。

37: 2014/07/30(水)00:31:33

怖くなってきたなwwwww

39: 2014/07/30(水)00:32:53

ひえぇ

40: 2014/07/30(水)00:34:29

お前無愛想すぎだろ・・・

41: 2014/07/30(水)00:35:52

カホは、加藤茶の嫁で脳内再生してるわ

42: 2014/07/30(水)00:37:10

手をふりほどこうとしたが、彼女の力は予想外に強くてふりほどけない。

おはよう、とまたくりかえす。
本気でこの女がなにを考えているのか、想像できなかった。

「おはよう」

声の調子も表情も、なにひとつ変わらない。
私は無意識に息をのんでいた。

「おはよう」

「……」

「おはよう」

私は気づいたらあいさつを返していた。

「おはよう」

「今日もいい天気だね。あっ、冷蔵庫にサラダあるから食べるんだよ」

カホはもう一度にっこり笑って言った。

「じゃあ『お母さん』は大学、行ってくるから」

45: 2014/07/30(水)00:43:02

あの日からカホは変わった。

「ご飯を食べるときは、いっしょにいただきますをしようね。 『お母さん』より先に食べたらダメだよ」

「洗濯機にものを入れるときは、下着や靴下はべつべつで洗うって言ったでしょ?」

「床にものは置いちゃダメだよ。 この前も『お母さん』言ったよね?」

小言が増えただけのように思えるけど、それは誤解だ。最初のころは、意地になって私はカホの言葉を無視しつづけた。

普通の人間だったら、あるていど無視されれば怒ったりあきらめたりするはず。

だけど彼女はちがった。

46: 2014/07/30(水)00:43:19

確かに不気味だ

48: 2014/07/30(水)00:47:42

延々と同じことを言い続けるのだ。一文一句、完全に同じことを。同じ調子で。

一度、根比べのつもりで彼女の言葉をずっと無視した。だけど一時間経過しても、彼女は同じ言葉を繰り返しつづけた。最後には私が根負けして、彼女の言葉にしたがった。

 そして今も。

「使わないコンセントはぬいて。前にもそう言ったよね?」

「……」

「使わないコンセントはぬいて。前にもそう言ったよね?」

いつもの笑顔で、同じ言葉を吐きつづけるカホ。我慢の限界だった。

気づいたときには、私は彼女の言葉をさえぎるように叫んでいた。

49: 2014/07/30(水)00:48:50

これはキツイわぁ

50: 2014/07/30(水)00:52:03

「なんなのあんたは!?  
注意するなら普通に注意すればいいじゃない!? なんでそんな同じことをずっと言っていられるわけ!? 頭おかしいんじゃないの!?」

みっともなく声は震えていた。カホの唇が止まる。

「私に構う暇があるなら、あの人の面倒を見ればいいでしょ!?」

言葉は吐き出すほど不安に変わって、私にのしかかっていく。 必死でカホをにらむ。 私の叫びなど聞こえていないかのようだった。カホの笑顔は微塵も崩れることはなかった。

そして。

「使わないコンセントはぬいて。そう言ったよね?」

カホは言った。さっきと寸分変わらないトーンと微笑みで。

51: 2014/07/30(水)00:52:04

使わないコンセントいちいち抜くのはめんどいわー

52: 2014/07/30(水)00:53:10

待機電力あんまり使わへんこと説明したら。

54: 2014/07/30(水)00:55:08

これは怖ひ

55: 2014/07/30(水)00:58:13


声にならない声が喉から漏れ出た。
 
私はリビングを飛び出して自分の部屋へと逃げた。 扉を勢いよく閉めて、鍵をかけた。布団へと潜りこんで耳を塞ぐ。

「お母さん……!」

私は祈るようにそうつぶやいた。
 
扉をノックする音が、耳を塞いでいるのにも関わらず聞こえた。

『使わないコンセントは抜いて。そう言ったよね?』

あの女の声が扉越しに私を追い詰める。
目をきつく閉じる。
なのにまぶたの裏では鮮明に、カホが微笑んでいる。

『使わないコンセントは抜いて。そう言ったよね?』

「……はい。ごめんなさい」

私は声をしぼり出した。
扉のむこうでカホが満足そうに笑った気がした。

56: 2014/07/30(水)00:58:29

ガチでヤバいやつじゃん

57: 2014/07/30(水)00:59:15

録画してパパンに見せたらよくね?

59: 2014/07/30(水)01:00:30

>>57不仲だから意味ないんじゃね?

60: 2014/07/30(水)01:01:38

>>59
これだけおかしかったら、パパンも『うわ、メンヘルやったことやで』って気付いて分かれるんじゃね?

62: 2014/07/30(水)01:02:52

幽霊やお化けの話より怖い


今たぶん一番読まれてるまとめ記事

コメントおいてって(´・ω・`)

コメント入力欄のテキストを範囲選択後、またはテキストの最初と最後でそれぞれ「quote」ボタンをクリックすると引用として表示する事が出来ます。コメント欄の「※,米」にカーソルを乗せるとアンカー元のコメントが表示されます。スレへのレスには「>>」で安価してください。




×