キモオタデブの俺が初めて2ちゃんオフ会に行った結果「王子様とパチャンゴ」

おもしろ/VIP系2chスレ 0


初めてオフ会に行った結果

1: 2017/02/26(日)00:25:11

数年前に初めて行ったオフ会で失敗した経験を語る。

社内ニートの暇つぶしに書いた。セリフ少なめ、細かい部分はうろ覚え

3: 2017/02/26(日)00:26:46

最初に当時の俺のスペック

童貞が素人童貞になった以外は今も同じ

男、20代会社員、見た目も中身もデブキモオタ、童貞、身長高いせいでバケモノ

5: 2017/02/26(日)00:27:54

まずは初めてのオフ会に参加するまでの経緯を書く。

当時俺は田舎から都会へ長期の出張をしてた。友人もいない慣れない土地で
寂しかった俺は2ちゃんのオフ会板というのが有るのを知り、オフ会に参加したくなった。

とはいえ、陽キャが集まるようなオフ会(スポーツオフ会なんてのもあって戦慄した)に参加したら絶対楽しめないと考えた俺は、オッサンしか来なそうなオフ会募集を探しまくった。

6: 2017/02/26(日)00:29:08

2ちゃんオフよりも社会人サークルの方が敷居低そうなんだけど、やっぱ抵抗あるのかね?

7: 2017/02/26(日)00:29:56

社会人サークルって意識高い系多そうじゃない?

8: 2017/02/26(日)00:30:20

サークルって結局身内の集まりって感じある

9: 2017/02/26(日)00:30:28

すると、あるアニメのコンセプトバーに行くオフ会の募集を見つけた。

そのアニメは男向けだし、古いファンも多いのでオッサンが集まりそうだと確信した俺は主催者に参加表明メールをした。

主催者のメール対応は丁寧で、すっかり安心しきっていた。

前日に集合場所と時間のメールが来た。今考えればバーに行くオフ会で16時集合は早すぎるが、初めての俺はオフ会の場合はそんなものかなとか考えてた。

11: 2017/02/26(日)00:32:13

当日、昼ごろにメールで主催者の服装を教えられ、自分の服装も返信しておいた。

初めてのオフ会に緊張しつつも集合場所に向かったが、一向に主催者が見つからない、ジーパンに白いシャツ、黒いジャケットのオッサンを探してキョロキョロするがいない。

2ちゃんには嘘つきしかいないんだ……
なんてことを考えつつ帰ろうとしたら後ろから声をかけられた

12: 2017/02/26(日)00:34:04

「すいません、XXさん(俺の名前、仮に織田とする)ですか?」

「ええ、織田ですが」

この状況で声をかけてくるのはオフ会の主催者以外にありえないのだが、理解が追い付いていなかった。

なぜなら、声をかけてきたのが若い女性だったからだ。

しかもカッコいい系の美人で、ショートヘアー、黒いジャケット、やけに細いピチッとしたジーパン(正式名称忘れた)が非常に似合っている、もはや王子という感じのルックスだった。

「すいません、遅れちゃって、主催のXXです(以下、王子とする)」

13: 2017/02/26(日)00:35:09

ここで王子スペック
女子大生(後で聞いた)
カッコいい美人、アイマスの真を大人っぽくした感じ

身長は普通より少し高いくらい

※勝手にまにゅそく的イメージ イケメン過ぎる女子高生 中山咲月ちゃん
wpid-0-3096-1-Q245bmE2eVZVQUFiZ2xfLmpwZw-r--550x825

14: 2017/02/26(日)00:35:12

スキニージーンズかな

15: 2017/02/26(日)00:37:09

普通の男ならここで喜ぶだろうが、俺は後悔していた。

おっさんとの楽しいアニメ談義を想像していたのにどうすりゃいいのか、こちとら童貞やぞ。

案の定緊張してどもりまくる俺、ほんとにキモかったと思う。

この時点で帰りたかった。そしたら王子が「もう一人来るんですけど少し遅れるみたいなんで、どこか入りますか」と言った。希望が見えた。もう一人がオッサンなら何とか頑張れるはずだ。

16: 2017/02/26(日)00:37:41

わかる

18: 2017/02/26(日)00:39:33

きたい

17: 2017/02/26(日)00:38:59

まだ見ぬオッサンとの遭遇を夢見て王子にエスコートされる

(俺は地元民じゃないので街に詳しくないとメールで伝えてある)

王子はスタバを指さして

「あそこでいいですか?」
「あ、い、いいです」

と答えたものの内心バクバクだった、俺はスタバに入ったことがなかった。

19: 2017/02/26(日)00:40:23

王子が聞いたことないようなものを先に注文する、訳が分からない俺は

「あ、同じのお願いします」
やってしまった、王子の目にはこう見えていたはずである

「フヒwww拙者もあの女の子と同じもの飲みたいおwww」

キモオタが自分と同じものを所望するなんて身の毛もよだつ体験だろう。

「あ、織田さんもこれ好きなんですか?おいしいですよねー」

王子引いてなかった。王子マジ王子

出てきたゲロ甘い飲み物をすすりながらもう一人の希望を待っていた。希望の到着まで王子とは世間話で間を持たせたと思う(もちろん王子が話題を振ってくれた)

21: 2017/02/26(日)00:41:58

>>19
流石に普通の女ならそんなことは思わんよ……

25: 2017/02/26(日)00:45:12

ゲロ甘い飲み物って何だフラペチーノというやつかの…

22: 2017/02/26(日)00:42:41

しばらくすると王子が声をかけられた

「王子さんですよね!?私xxです!」

俺は泣きそうになった。またもや女だったのである。

しかも今度はブス、ベレー帽かぶったブス、でかい黒縁メガネかけたブス、アゴの自己主張が強いブス。

この世に神はいない。本気で帰りたくなった。

23: 2017/02/26(日)00:44:10

は、ハーレムっすね(失笑)

26: 2017/02/26(日)00:45:20

まだだ、まだ大丈夫

24: 2017/02/26(日)00:44:17

「あ、初めましてXXです」

ブスに名乗られたが本気で聞き取れなかった(「パチャンゴ」みたいな発音だったと思う、以下パチャンゴ)

「織田です、こんにちは(このアゴなんか入れてるのか?)」

しばらくスタバで雑談タイムとなった。終始パチャンゴが王子に話を振って俺はそれを聞いていた。

ここで俺は今回行くバーのアニメが女子(主に腐女子)にも人気があることを知った。

自分の情弱っぷりに泣いた。

27: 2017/02/26(日)00:45:54

どうやら二人はコスプレイヤーらしい、しかもパチャンゴは一方的に王子のことを知っていたらしく、メールの時点で気づいてたらしい。

さらに、集合時間を早めたのもパチャンゴだという。

最初からパチャンゴは王子を狙い撃ちだったのだ。

28: 2017/02/26(日)00:46:36

ここでパチャンゴのスペック

20代前半
職業不明
趣味はコスプレ
サブカル好きっぽい恰好をし、黒縁メガネをかけたガッツマン

29: 2017/02/26(日)00:46:57

途中まで眠かったけどパチャンゴの登場で目が一気に冴えた

31: 2017/02/26(日)00:48:11

パチャンゴは王子狙い撃ちっつうことはレズなのか?

32: 2017/02/26(日)00:48:11

パチャンゴぜってぇ性格わりぃわ

ソースは俺の経験


人気サイトの新着更新記事

コメントおいてって(´・ω・`)

コメント入力欄のテキストを範囲選択後、またはテキストの最初と最後でそれぞれ「quote」ボタンをクリックすると引用として表示する事が出来ます。コメント欄の「※,米」にカーソルを乗せるとアンカー元のコメントが表示されます。スレへのレスには「>>」で安価してください。